私のオッチョコチョイが子供に遺伝しませんように

私のオッチョコチョイが子供に遺伝しませんように

昔の言葉で言うならば、私は典型的なオッチョコチョイです。
小さい頃から、忘れ物をしないようにきちんと持ち物を確かめてランドセルに入れてから寝るようにしていましたが、次の日の朝になるとランドセルにではなく、手提げ袋に大事な宿題を入れたことを忘れ登校し、学校についてから「ないない」と始まります。
ランドセルにいれたはずなのにと、悩みますが帰宅してから手提げ袋に入れ替えたことが分かり、残念な気持ちになっていました。
この類いの話が数々あり、電車に傘を置いてきてしまうのは日常茶飯、カフェで注文したコーヒーを隣の人と間違えて飲んでしまったり、自転車で買い物に行ったのに歩いて帰り自転車を置いてきてしまったり、スーパーでレジを済ませた買い物袋を詰め込む台の反対側のお客さんのものと間違えて持ち帰ってしまったり。
子供にはなすとまたお母さんのオッチョコチョイ話だねと笑われます。
どうか子供にこのオッチョコチョイが遺伝しませんようにと祈るばかりです。

コメントは受け付けていません。