月別アーカイブ: 8月 2018

服のお片付けの作業が難航します

服のお片付けの作業が難航します

ちょっとした自己啓発的な理由から、自分の身のまわりの物に対しての取捨選択を実行しています。
といっても、短期間で勢いをもって取り組んでいるわけではなく、日常のペースを大事にしながら、気負わずに進めているのです。
「身の周りの物」というと、まずは女性の場合「服」の片づけ作業に、相当の思い切りが必要になります。
 何故なら、一言で「服」といっても、春夏秋冬分あり、下着、部屋着、お出かけ着などに細分化され、かなり精神的な労力も伴う作業だからです。
途中「もう、いい!」と投げやりに進めていって、結局、毎回中途半端に終わるからでした。
 それでも年々楽になってくるのは、着る服の好みが絞られて、服のカテゴリーそのものが減ってくるかもしれません。
若い、若しくは若々しい人は、結構な衣装持ちだったりします。
似合う服が多いとか、いろんなファッションを楽しみたいという欲求が強いからだと思います。
 マネキンの着ている服は、スタッフさんのセンスのよさが反映されていて、
「おしゃれにみえるぅ~」と、ついそれを着た時の自分を想像させてしまうものです。実に上手だと思います。
ほどよく「いい感じ」「お値段もまあまあ」だったりで、私は衣装その物より、販売の上手さに一人感心してしまうのでした。